銀行に関しての最近のブログ記事

2013年10月 6日

最近、銀行もスバヤイですね。

国の借金は、どんどん膨れているみたいですが、個人も借金がしやすい世の中になっているようです。日銀がどんどん金融機関にお金を流しているのですね。

ドラマ半沢直樹で言っていた言葉が思い出されます。

『銀行は晴れの日に傘を貸して、雨の日に取り上げる。』

今まさに晴れた日なのではないでしょうか?

2013年5月19日

ペイオフと預金保険機構

昭和46年に設立された預金保険機構の預金保護のための補償最高額は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円"のみ。同機構は政府及び日本銀行ならびに民間金融機関全体がほぼ同じだけ確認しておきたい。外貨預金について。銀行で扱う資金運用商品の一つである。円以外の外国通貨によって預金をする商品である。為替変動による利益を得ることがあるけれども、同じように差損が発生するリスクもある(為替リスク)。「はやぶさ」の無事帰還が話題になった平成22年9月14日、日本振興銀行が突如破綻してしまった。この件で、史上初となるペイオフが発動したのである。このとき全預金者のうちの3%程度ながらも数千人を超える預金者が、上限額の適用対象になったのだと考えられている。【用語】FX:証拠金をもとに外国の通貨を売買した差額によって証拠金の何倍もの利益を出す取引のこと。外貨を扱う外貨預金や外貨MMFよりも利回りが良いうえ、手数料等も安いという特徴がある。FXに興味があれば証券会社またはFX会社で相談しよう。Y2Kともいわれた2000年7月、大蔵省(当時)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を新たに統合し約2年前に発足した金融監督庁を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)に改編。翌年の平成13年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。タンス預金⇒物価が上昇している(いわゆるインフレと呼ばれる)局面では、上昇した分現金は価値が目減りするという現実。いますぐ暮らしに必要とは言えない資金⇒安全性に信頼がおけ、少しでも金利が付く商品にした方がよいだろう。いわゆる「金融仲介機能」「信用創造機能」さらに「決済機能」、この3つの機能をあわせて銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業加えて銀行そのものの信用によってはじめて機能しているものなのだ。麻生内閣が発足した2008年9月に起きた事件。アメリカの名門投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が破綻したというニュースが世界中を驚かせた。この事件がその後の世界の金融危機の引き金となったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけられたのです。最終的には、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を開発し、うまく運営していくためには、とんでもなくたくさんの、業者が「やるべきこと」、そして「やってはいけないこと」が事細かに法律等により定められております。よく聞くコトバ、外貨MMFはどんな仕組み?日本国内において売買が許可されている外貨商品である。外貨預金に比べると利回りがかなり高いうえ、為替変動による利益も非課税だというメリットがある。証券会社で誰でも購入可能。 そのとおり「失われた10年」というキーワードは、ある国全体、またはひとつの地域の経済がほぼ10年以上もの長期にわたって不況や停滞に襲われていた時代を語るときに使う語である。多くの場合、すでに上場済みの企業の場合は、企業の運営のための資金集めのために、株式に加えて社債も発行する企業がほとんど。株式と社債の違うところは、返済義務があるかないかなので気をつけたい。一般社団法人 日本損害保険協会は、日本における損害保険業と協会員の正しく適切な発展ならびに信用性を前進させることを図り、これによる安心であり安全な世界の実現に関して寄与することを目的としているのだタンス預金⇒物価が上昇中の(インフレ中の)局面では、インフレ分相対的に価値が目減りするということである。当面の暮らしに必要のない資金であるのなら、タンス預金をやめて安全性が高くて金利も付く商品で管理した方がよい。【用語】保険:予測できない事故で発生した主に金銭的な損失を想定して、よく似た状態の多数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、集めた積立金によって不幸な事故が発生した際に補てんのための保険金を給付する制度です。 カードローン案内

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち銀行に関してカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは郵便局です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。